試合結果
FC KOUGEN KIKOU 5 – Phoenix FC 0
今節終わって現在5位、前節から2つ順位を上げた、順調やん高原気候

各社スポーツ紙も注目

さあやってまいりました、採点にはしっかりと時間をかけるタイプのガゼッタ・ヒロ・スポルト紙による採点及び評価。皆さんこの採点を首を長くして待っていたんではないでしょうか。今シーズン第6節!今節の相手は実力が互角と言われているPhoenix FC。
それでは採点及び評価に移ります。

【採点/評価】
※10点満点10点が最高1点が最低

高原気候:8.0
実力が互角と言われていた相手に対して今シーズン最多得点を記録しての勝利。チームとして良かった点は、前半は引き分け以上で行こうなどの時間帯に分けての共通のプレー認識があったこと、レフェリーと勝負をしなかったことである。

分田:7.0
今節は試合出場がないながら、外国人助っ人を完全にコントロールしたのは職人芸である。来る時に備えて牙を研ぎ続けて欲しい。

岡本:7.0
今節守備に追われる時間が多かったわけではないが、要所での守備はさすがなものがあった。相方のデフとチャレンジ&カバーの関係を作りうまく機能させていたのは高評価である。

オオスガ:6.0
慣れない左サイドバックということもあってか、プレーに戸惑いが見えた。プレーエリアが右左変わったからと言ってプレーを変える必要はなく、いつも通りセーフティーファーストにオラついて欲しい。

レン:6.5
右サイドで60分間効果的な攻撃参加をしていたが、ラストパスに精彩を欠いた。次節から高原気候の右サイドに赤提灯が灯らないと思うと寂しい。日本でも頑張れ赤髪のレン!

ヒロ:7.0
後半からの出場ながら多くのチャンスを作り出し、結果1アシスト。左サイドからの攻撃パターンを作れるとさらに得点機会が増えそう。早く肋骨のヒビ治せ。

森田:6.5
元々の体の強さがあるためそれに頼るプレーが目立った。もっと簡単にプレーをし、前線に抜け出すことで快速を生かすことができそう。

廣岡:6.0
今節、真ん中から左を中心にハードワークをし続け、相手右サイドからのチャンスには度々顔を出し潰していた。しかし味方のチャンスに絡むプレーがなかったため、次節以降はチャンスメイクにも期待したい。

坂本:7.5
守備からリズムを作り、うまくチームをコントロールしていた。攻撃時にはダイレクトパスでチームに変化をもたらし、結果1アシスト。チーム状況が上向きな今、アシスト王も狙える。

トシキ:6.0
2試合連続で前線でプレーしたが、少し空回りしていたように見えた。元々足元の技術があるため、落ち着いてプレーできると得点も近い。しかしかわいい。

海:8.0
守備に攻撃に大車輪の活躍を見せた。高原気候のチャンスのほとんどに絡み、自身は1得点。守備でもいて欲しいところにポジションを取りチームを救った。本誌が選ぶ今節のMOM。

カズ:6.5
試合開始9分での得点は惜しくも相手選手のものになってしまったが、ポジショニングが良いため前半のチャンスのほとんどに絡んだ。1チャンス1得点を目標にしたい。

斎藤:7.5
前節の彼の課題だった前線でのボールキープ、今節は彼のボールキープからチャンスが多く生まれており、しかも自身は1得点。高原気候のベンゼマとしてかなり機能していた。しかしベンゼマの割に運動量が物足りない。痩せて欲しい。

千尋:10
今節も奇跡の一枚を激写し、チームに勝利を呼び込んだ。暑い中毎度ありがとうございます!ピース

試合後のビール:10
試合勝ったらそりゃ美味いでしょ。毎週飲みたい。

ガゼッタ・ヒロ・スポルト通信

たくさんの要望により
て探りではありますが
よみてが楽しめるコンテンツ
みんなの日常について
はっしんすることを
じぶんに課します
めでたいめでたい一発目は
まだまだ思春期なヒロミウラ
しごとを休んで行ったサウジアラビア🇸🇦
たのしかったですおすすめです